製品案内

  • RSS

コーティング

コーティングには、8件の登録があります。

  • コーティング

ゲルベース

特殊ウレタンゲルで半導体チップやウェハーなどの精密部品を守るキャリアです。 高い密着度とクリーン性を兼ね備えた特殊ウレタンゲルが、細かな部品をしっかりキャッチします。小部品の固定、搬送、検査の実施など、半導体や精密機器の最終製品を取り扱う現場に画期的な搬送方法を提案します。   【特長】 半導体チップ、ウェハー、MEMS、レンズ電子部品などゲル粘着によって保持するので部品の形を選ばずに...

  • コーティング

アルミ溶湯スクリーン

セラミックコーティングを施し溶湯との反応性が無い金網加工品 酸化膜、不純物除去でお困りの方にクリーンなアルミ溶湯を提供するニュータイプのスクリーンです。 【特長】 アルミ溶湯中の酸化膜、不純物を効果的に除去する事が出来ます。 鱗片状ケイ酸塩の微細なフレークが重なり合って多層皮 膜を形成し、長時間アルミ溶湯に耐えます。 重なり合った多層被膜は、保温効果があり温度ドロップ を防ぎます。 アルミ溶...

  • コーティング

セラミック溶射による表面改質

セラミックスの溶射によって部材の表面へセラミックスの特性(耐摩耗性や絶縁性)を持たせ、長寿命化を図ることができます。 溶射による皮膜は材料の種類の選択肢が広く、金属や合金はもちろん、各種のセラミックスやプラスチック、およびそれらの混合物を溶射する事ができます。皮膜の厚み方向へ組成を次第に変化させた傾斜皮膜も作成が可能です。   【特長】 最適の皮膜選定 溶射箇所の多様さ 小ロット対応 ...

  • コーティング

イオンプレーティングによる表面改質

母材となる材料の表面に各種金属・セラミックを薄膜の状態で均一に付着させることにより、精密な表面改質が可能となります。 皮膜はPVD(物理蒸着法)の一種であるイオンプレーティング方式で作成されます。皮膜材料を真空槽の中で蒸発させ放電を利用してイオン化すると、このイオンが負電荷の基板に対して加速衝突し、緻密で付着力の強い機能性薄膜を形成します。   【特長】 緻密で径時変化が少ない 基板との...

  • コーティング

セラミック/金属コーティング

ラドルやプランジャー等の溶湯流経路にセラミック/金属をコーティング   溶損に強いセラミック材料や特殊合金で治具を製作するケースがありますが、こういった部材は金属材料に比べ脆かったり、高価なものになりがちです。 高温で粒子を溶解し吹き付ける「溶射皮膜」は、元の材料の表面だけにセラミックや特殊合金の特性を付与する技術です。 耐溶損・離型性・保温性・断熱性など目的に応じた皮膜材料を選定し...

  • コーティング

耐熱セラミック系接着剤「Resbond」

超高温下での使用が可能なセラミック系接着剤最大使用可能温度:2,200℃用途および接着対象の材質に応じて選定する事により、最適の接着が得られます。 Resbond 989 (1,640℃) 高純度アルミナをベース成分として採用した、一液性のセラミック接着剤です。 様々な耐熱接着用途をカバーできます。選定にお困りの際はまずこの規格を御検討下さい。 よく混ぜてから塗布するだけ。室温で硬化します...

  • コーティング

耐熱補修剤「Durabond」「Thermeez」等

補修用セラミックパテ アルミニウムやステンレスなどの金属粉を配合した補修用耐熱コンパウンドです。   Durabond 7032 (1,090℃) SUS316粉末を配合した滑らかな補修用パテです。 可燃性の溶剤を含まず、硬化時に刺激臭やアウトガスを発生しません。 塗布後60分程度で硬化が進み、一昼夜で硬化は完了します(肉盛や埋め立ての場合は加熱を併用) ハウジングやシャフト、タンクの...

  • コーティング

耐熱エポキシ系接着剤「Duralco」

被着体の応用範囲が広い熱硬化型接着剤です。最大使用可能温度:370℃耐熱性に加え、導電性/熱伝導性/柔軟性など規格ごとに様々な特性が付与されています。 Duralco 4525IP (260℃) 優れた耐熱性と接着性、化学的安定性を兼ね備えたエポキシ接着剤です。 耐水性に特に優れ、高い絶縁性を長期間保持します。 汎用性に富み、使用環境や接着対象に左右されにくく安定した性能を発揮します。 ...

1

製品に関するお問い合わせ、
お見積もりはお気軽に。

  • お電話の場合はお近くの営業所までお問い合わせください。
    営業所・出張所一覧ページへ
  • お問い合わせフォームからのお問い合わせはこちらから。
    お問い合わせはこちらから